jikoスノーボードはとても楽しいスポーツでは
ありますが毎年、何かしらの事件や事故が
発生しています。

せっかくの楽しいスノーボードが一変して
深刻な事態になってしまう事もあります。

特に多いのが「人と人」「人と障害物(木)」の
衝突事故が多く発生していて中には
死亡してしまうケースも存在します。

雪崩に巻き込まれるケースもありますが
ほとんどのスキー場では雪崩が起きない様な場所に
作られているので、よっぽど心配はいりません。
しかしゲレンデで定められたコース外での滑走は危険なので厳禁です。

車や自転車の運転の様に貴方が加害者、被害者どちらにも
なってしまう可能性があるのでその事をよく理解しておきましょう。

 

[icon image=”check-b-bk”]衝突事故や怪我の主な原因

衝突事故や怪我などの主な原因は自分の技術に合っていないのに
勾配がキツイ上級者コースでのスピードの出し過ぎによって
板のコントロールが不能となり他人に衝突したり
転倒して強く体や頭を打つ。または脚や体をひねる。

キッカーやジブでの無謀なトリックやプロテクターや
ヘルメットの無装備などが挙げられます。

また、家族で来られる方で小さなお子さんを放置して大丈夫だろうと
自分達だけ滑りに行ってしまったり
キッズパークなどではなくゲレンデ内の滑走コース内で
遊ばせていたりするのは大変危険です。

スキー板やスノーボードの板はある意味凶器です。
一般の方々でもコースの勾配や雪質によって
50キロほどは出てしまう事があります。

そんなスピードで鋭いエッジが小さなお子さんにぶつかったら・・・
考えただけでも恐ろしいですね。

貴方自身が加害者にも被害者にもならない為に
無理な滑走やお子さんを目から離すのは絶対にやめましょう。

また、万が一の為に保険に入っておく事もオススメします。

スキー事故&スノーボード事故相談はコチラ